星くずシフォン〜オリジナル創作サイト

web日記

どうでもいいことばかり書いている日記(?)です。
サイトのことや、マンガ制作・画材話・どうでもいいらくがきの掲載・オタクなあれこれ(笑)などを主に書きます。その他、手芸・CHAGE and ASKAについてなどもたまに…。
このコーナーに書いてあることへのコメントも歓迎です!
web拍手のコメントのお返事もこのページにあります。お返事はweb拍手レス用記事を作っています。

※いただいた拍手コメントへのお返事は、通常はなるべく1週間以内に、と考えています(もう少しかかりそうな場合はお知らせします)。1週間ほど経っても返事がない場合は、コメントが届いていない可能性がありますので、申し訳ありませんがお知らせくださるか、もう一度ご送信ください。

2017年9月22日

「一生、お仕えします」12話を更新しました。
正直、相変わらず全然納得がいっていないのですが、いつまで経っても次に進めないのが、そろそろつらくなってきまして…。納得いっていないからといって、うまいこと書き直したりもできないし(T_T) というわけで、とりあえず現時点でできたのを更新することにしました。すみません。
まああとでまた直せばいいやと思っているので…。といつも思っていますが、直したことってほとんどありません(笑)。
とにかく、今はまず完結させたい、話を最後まで書き切りたいです。これでひとまず先に進めます。
読んでくださっている方、ありがとうございます。

なんか、この話、そんなに長いつもりではなかったのに、いつ終わるんだという感じで、エピソードがあれこれ増えています…(^_^; 今後の予定を頭の中でざっとまとめて数えてみましたが、全部で22話くらいになりそうな感じでしょうか? また増減はあると思いますが(笑)。
ところで、小説系の検索サイトで見つけた、某web小説を読んだのですが、その検索サイトの基準で「長編」となっていたのですが、実際には比較的すぐに読み終えてしまうような、短めのお話(といってもそれなりに長さはありました)で、結構良かったのです。それで思ったのですが、なんか、こういうすぐに読めてしまうお話でも、ちゃんとしっかりとしたエピソードがあって、テーマを描けているのに、なんで私は今エピソード増やしまくっているんだろう…と…(^_^; 読むのが大変になるだけなのに…。
とはいえ、昔小説を書いていた時は、長い話が書けないというのが悩みの一つではあったので、今の自分が長々と書いているのが、不思議ではあるのですが(笑)。
別の話を書く時に、ちょうどいい長さ(?)の話を書きたいです…!(笑)

そして、相変わらず、本編では使わないような妄想がはかどりまして(笑)、茉莉花ちゃんの級友キャラの、見た目と名前を二人分、新たに考えました(笑)。ちなみに本編で、個人として認識できそうな(?)「級友の女子生徒」は4人いるんですよね(のつもりで書いたと思いますが、伝わっているかどうか…というか最初はかなり適当に書いていたのでx_x)。新たに考えたのは、その、桂ちゃんと和奏ちゃん以外の二人です。はんこ絵なので、キャラの見た目の違いをつけるのが大変でした(笑)。そして、考えても、本編で名前も出さないかもと思うと、もったいない気もしますが…(^_^;
機会があったら、番外編とか書いてみたいです。茉莉花ちゃんの学校生活とか、いいですね(^▽^)

そういえば、ここしばらく、お見合い、というか政略結婚?の話を書いているのもあって、「好きじゃない人との結婚」について検索したりとかしていました(笑)。個人的には、好きじゃない人との結婚ってむなしいなと思ってしまうのですが…。そのあたりは人それぞれのようで、特に好きではない人とお見合いとかで結婚したけれど、今はとても幸せ、という方もいらっしゃるようで、結果的にそうなったのはよかったな、と思います。
でも私はやっぱり、そもそも好きじゃないのに結婚というのが考えられません…! 人の好き嫌い、激しい気もしますし(^_^; いやそうでもないかも? ただ、結婚とか、共同生活という点で考えると、好きと思えない人とはどうしても…。
なんか、この辺りの感覚を活かして(?)、恋愛系の話が描けそうだと思ってしまいます(笑)。というか描きたいです(笑)。恋愛脳ですみません。

2017年9月20日

最近、りいクッキー(フォント)の更新のための作業をしている(文字を紙に描いている)のですが、そのせいかわかりませんが、絵を描きたいという気持ちはありつつも、実際に描く気力がわいてこなくて…。
そして、古い鉛筆(小中学生の時のやつ)をさっさと使い切る、という目的のために絵の練習をすることにしたので(笑)、ちょっとした練習とか、落書きくらいはしています。ちなみに練習内容ですが、ポーズ集を見ながら描くだけです。あと、いまだに、いまいち髪の描き方がよくわからないので、ヘアカタログを買ってきて、それを見ながら描いたりもしています。ヘアカタログは、横や後ろの写真も載っているのがいいですね。買ったのは女性のだけなので、男性のもほしいなと思っているところです。ただ、それだとおじさまの髪型は載っていないかもしれませんが…(i_i) おじさんキャラの、固めたりしている髪の描き方がよくわかりません(x_x)
ところで、この練習をするにあたって決めていることがありまして、それは大まかに言うと、ハードルをできるだけ下げるということです。まず、練習は10分すればいい。といっても描いていると、15分や20分はすぐに過ぎてしまいますが…。あと、写真を見て描くのですが、写真の通りにちゃんと描こうとしなくていい。というのも、私くらいのレベルでちゃんと写真通りに描こうとすると、上手く描けないし時間かかるしで、すぐにイヤになって、続かないと思うので(^_^; 続けるのが一つの目標(?)なのです。
そして、これをすることを思いついた一つのきっかけが、ピアノの練習だったりします(笑)。ピアノも、1日の時間を決めて(まあすぐオーバーするのですが・笑)、簡単な練習曲を弾く、という感じでやっています。今のところ続いています(^_^)(6月から始めました)後でまた、ピアノについて書きます。

で、本題に入るまでが長くなりましたが、その落書きしている時に描いた絵を載せます。
クロッキー帳に鉛筆で描いたのを、写真に撮って補正しただけなので、見にくくて申し訳ありません。
手をつないでいる、茉莉花ちゃんと礼諒くんです。制服デートですね♥ マール社のポーズ集を見て描きました。

茉莉花ちゃんと礼諒くん

本編ではこういう感じにはならない予定ですので(^_^;、こういうところで描くしかありません…。しかし、なんだかんだでこういう妄想はやっぱりはかどりますね(笑)。デートしているシーンとか、絵に描いてみたい…!(笑)そしてもちろん、本編に出てくる、お茶のシーンとかも描けたらいいなと思っています。
ところでこの前、「絵を描いた後に、自分の絵が最高!という感じで思いきり自画自賛する(?)ようにしていたら、絵が上手くなった」みたいなのを見たので、それを心がけていこうと考えています。つい、自分の絵に対して、ネガティブな気持ちになってしまうのですが、そのあたりの発想を転換したら、上手くなるかも…と思って(笑)。ただ、自分の絵が下手だとずっと思っているので、かなり根が深くて、上手くいくかは謎ではありますが(@_@)

そしてピアノの話ですが、家にある電子ピアノが古くて、1990年くらい?のものなのですが、壊れているんですよね…。音はちゃんと出るのですが、押すと戻らない黒鍵があるのです。しかも、よく使う音です(笑)。最初は一つだったのですが、最近は他にも戻らなくなる黒鍵が増えました…。弾きながら、手で戻しています(笑)。すごいストレスです。
ちなみに練習の最初の頃は、その鍵盤は使わなかったので良かったのですが、最近使うようになってきたので、困っています。
調べたのですが、電子ピアノの寿命って、だいたい10年くらいらしいですね。といっても家の電子ピアノ、最近までろくに弾いていなかったんですけどね(^_^; 私はピアノは習ったことはありませんし(きょうだいが習っていました)。かといってこのまま壊れたピアノではまともに練習できなくなるので、新しいのを買うしかないのかな…と思っています。黒鍵が戻らない以外にも、たまに音量がおかしくなったりもするので(T_T)
私は作曲、というか編曲のためにピアノの練習をしているので、そんなにいいやつではなくてもいいのかな…と思いつつ、安物だと連打ができない(?)みたいなのを見たので、それは困るなとも思ったり(^_^; それより、今家にあるピアノはやっぱり古い分、仕様も古いようで、ペダルが2つしかなくて、ボタンを押して・ペダルを踏んで切り替えろ、となっています。今のは安くても、ちゃんと3つあるみたいですね…。あと、家のは、最大同時発音数が16音とか。今のは256音とかみたいです。違いすぎですね。電子機器の進歩はすごいですね。
すみません、なんかいろいろと長くなってしまいました。読んでくださった方、ありがとうございます。

2017年9月18日

web拍手ありがとうございます!
9/16にレス不要でコメントくださったみじんこ様、ありがとうございます! あたたかいお言葉、とても嬉しいです!
電話の件について、ありがとうございます。電話をするかどうかはわからないのですが(家族に聞いたら、別にいきなり行けばいいんじゃない?と言われたので)、するなら、がんばって電話しますね!
それから「お仕え」の小ネタのご感想もありがとうございます! 本編ともども、楽しんでいただけているようで幸いです!

また(?)オリジナル曲を、メモとか落書きくらいのものに仕上げた(というのもあれですが^_^;)ので、載せます。もともと載せないつもりだったのですが、やっぱり見せびらかしたいというか聞きせびらかしたい(?)ので、載せることにしました(笑)。といっても、見せびらかせるようなものでもないのですが…。
「気になるゆりちゃん」のゆりちゃんをイメージして作詞・作曲しました。アニメのオープニングをイメージしました(笑)。
ボーカルは毎度の通り、音声合成ソフトCeVIOの「さとうささら」を使っています。
歌詞を打つのが面倒だったので(^_^;載せていませんが、知りたい場合は教えてください。いや、CeVIOは結構聞き取りやすいからいいかな…と思って…。
ちょっと間違えて、最初に無音部分を入れなかったので、リンク先を開いたらいきなり曲が始まるかと思います。すみません。直すの面倒だったので…。←そればっかり(x_x;

心のプレゼント(1コーラス)(1分28秒)
※MP3ファイルです。音量にご注意ください。

これを作るのに使っているソフトが、言葉では説明しづらいのですが、テンポ関係のことが、私にとっては使いにくくて、苦戦しています(i_i) というか問題なくできた時もあるのですが…。自分に合った環境を整えたい!(>_<)
そして、落書き程度の曲をここに載せるばかりで、音楽コーナーに載せる、フルバージョンがなかなか完成しない…(T_T) どうすればいいかよくわからなくなって、すぐ行き詰まるんですよね。ずっと同じパターンだから良くないとか、この前も似たようなのを使った(ワンパターン)とか、考えすぎて、進まなくなってしまいます。それよりは、ワンパターンでもいいから、さっさと完成させたほうがいいことはわかっているのですが…。

ところで、ワンパターンなことって、いろいろな?ところで悩んでいるなーとふと思いました。どういうことかというと、
・マンガ→構図がまた同じ、コマ割りに変化が持たせられない、いつも主人公の顔が同じ(笑)、恋愛とかの展開が似ている、とか
・小説→同じような、というか同じ表現(言葉、言い回し)ばかり使うとか、そういう感じ。要するに語彙が少ない(i_i)
・曲→ドラムとかベースのパターンが、一曲を通してあまり変わらないとか、複数の曲で似たようなものになってしまう。メロディのリズムの雰囲気が似たり寄ったり、とか(^_^;
ちなみに、自分用に作っている服も、型が同じものを、細部を変えつつ、いくつも作っています(笑)。まあこれは、そもそもそういうのしか着ないので、いいのですが…。
ワンパターンであることを割り切る勇気も必要かと思いますが、まだそこまで行けません(笑)。

頭痛、せっかく治ったと思ったら、今度は風邪引いて頭痛くなってしまい、またいまいち薬が効かなかったです(T_T) 今回は、そこまで痛くはなかったので良いのですが…でも、頭痛いと、結局物事をやりたくなくなるので、つらいですね。
そして入浴すると治った気がします…。入浴で治るのはいいですが、逆に言うと、入浴するまで治らないということに…(゜o゜;;

「お仕え」12話、一通り最後まで書いたのですが、さっき書いたように、同じような言い回しだらけになっているのと、会話シーンが難しくて、地の文やら会話の流れやら、読み返すとなんだかよくわからない感じになっています…(T_T) 早く更新したいなあ…。
最初の頃は、5日くらいで更新できていたのに、今は5日ではとても書き終わりません(@_@) というかむしろ、最初の頃、どうやって書いていたのでしょうか? 自分が不思議です(笑)。

2017年9月16日

また頭が痛くなってしまい、寝たりとかしていました。今はだいたい治りました。あるタイミングで、もしかして今のは頭痛薬が効くかも?と思ったのですが、3日ほど連続で頭痛薬(市販の鎮痛薬)を飲んでいたので、飲みたくなくて、ひたすら耐えていました…(x_x) で、その後、入浴したら、治ってきました…。最近、頭痛の時はとにかく痛いけれど、治ると嘘のようにすっきりする、という感じになっています。ずっとすっきりしていけばいいのにー(T_T)
いいかげん、頭痛外来に行こうと思っているのですが、普段病院行くことがほとんどないので、ハードルが高いです…。要予約と書いていない病院なら、いきなり行っていいんですかね? 一応電話したほうがいいのかな…? でも、電話がすごく苦手なので、電話するのも怖いです(T_T) いい年なのに…。
でも、そんなことばかり言っていたら、時間的にも精神的にも、もちろん肉体的にもつらいので、がんばって病院に行きます…!

というわけで(?)、またやる気が少しなくなっています(i_i) 「お仕え」12話を早く完成させたいのですが、相変わらず手こずってしまい、なかなか進みません…。「ゆりちゃん」7話、あらためて内容を考えたので、一度それでネームを切ろうと思っているのですが、うまくまとまるのか不安です…。どちらも、本編に描く予定のない、サイドストーリー的な妄想は、とてもはかどるのに(笑)。
とりあえず、トップイラストをそろそろ変えたいと思っています。いつまでも夏祭りですみません(笑)。

web拍手ありがとうございました!

2017年9月12日

「一生、お仕えします」11話の、拓真くんの両親と執事の年齢を修正(?)しました。姉が26歳なのに、両親が若すぎると気づいたので…(^_^;(修正前は、重元さんたちと同年代、つまり40代半ばくらいにしていました)拓真くんの両親はそこまで年齢とかちゃんと設定していなかったし、本編を書いている時には気づきませんでした、というかあまり考えていませんでした(笑)。
どうでもいいですが、入浴中にこの話のことを考えていて、急に気づきました(笑)。
この修正は、ストーリーには全く関係ありませんので、お気が向かれたときにでも、ご確認なさってみてください(^_^)

昨日は小ネタ(?)を書きましたし、今度は本編をがんばります。相変わらず、ああだこうだと悩んで、なかなか進みませんが…。そして中だるみしています(笑)。書くのがつらくなってきた…(T_T) でも、書きたい場面のために、そして完結のために、がんばって書きます…!
こういう、長編というか、ある程度話数のある話を描いていると、これ、こんなに話数使って描く必要あるのだろうか…?とよく疑問に思います(^_^; こんなに引っ張らなくても、短編でさくっと終わらせればいいんじゃないか?みたいな(笑)。結構短編が好きなので、よけいにそう思います。
とはいえ、なんだかんだで、何話も描いていると、キャラにより愛着が湧いてきて、妄想もたくさん湧いてくる(笑)のは楽しいですね(^▽^)

2017年9月11日

なんかまたネガティブモードになっています(T_T) っていつものことですが(^_^;
ちょっと、ちゃんと解決しないといけない不安がいくつかあって、どうにもこうにもいかない…!
それとは別に(?)、また「気になるゆりちゃん」7話の内容をあれこれと考えているのですが、この前ネームを切ったのを、結局没にすることにしたので、なんでこんなに没ネームばっかりなんだ…。と悲しくなってしまいます(i_i) ちゃんと完結させられるのかすら不安になってきました…。
「一生、お仕えします」のほうも、何だかいまいち進まない…。書いて(打って)も、なんか違うとなり、どういう感じで話を進めるのがいいか迷って、すぐに行き詰まってしまいます(x_x)

あまりネガティブな話ばかりでもあれなので、なんとなく思いついた「お仕え」の小ネタでも…。
「お仕え」、本編は今後の展開的に、あまり明るい場面がなさそうなので(^_^;、少しでも明るい気持ちになれそうな、恋愛的にほんわかしそうな?感じのが思いついたので、書いてみました(^_^)
というか恋愛ものって難しいですね。こういうの、恋愛ものと呼んでいいのか…(?_?)

というわけで(?)、内容は、学校の休み時間、トイレに行こうとしたら、ハンカチを忘れてしまったことに気づいた茉莉花ちゃんが、礼諒くんに…みたいな感じです。800字ちょっとくらいです。
このページ(web日記の)はHTML4.01なので、ルビタグを使えず、()表記で申し訳ありません(ルビタグはHTML5)。
※2017.9.12 少しだけ修正しました(礼諒セリフ)

 化粧室に向かおうとした茉莉花(まりか)は、ふと何かに気づいたように、制服のポケットに手を入れ、中身を確認した。
(やっぱり、ハンカチがないわ……。今朝、慌てていたから、志歩(しほ)さんも忘れてしまったのね。)
 茉莉花は教室の隅に視線を向け、級友と話している礼諒(なりあき)の姿を見つけると、その方向へと歩いた。
「礼諒さん、今、ちょっといいかしら?」
 茉莉花は会話を邪魔しないように、横から静かに話しかけた。
「お嬢様、どうなさいましたか?」
 礼諒はすぐに、茉莉花に反応した。
「あの、実は、ハンカチを忘れてしまったみたいで……。礼諒さん、予備のものを持っていたりはしない?」
 切羽詰まった顔で用件を言う茉莉花に、礼諒は一瞬、ひるんだが、すぐに笑顔になり、
「もちろん、ありますよ。すぐにお持ちいたします。」
と言った。そして自分のロッカーからかばんを取り出し、素早くハンカチを手に取ると、すぐに茉莉花のところに戻った。
「お嬢様、どうぞ、お使いください。」
 そう言って礼諒が差し出したハンカチは、白の薄手の布地に、隅には刺しゅうがほどこされ、ふちには細幅のレースがあしらわれているものだった。刺しゅう糸はいくつかの色が使われ、花とハート柄のデザインだった。
「まあ、素敵ね。こういうハンカチ、とても好きなの。」
 茉莉花の目は、ハンカチに釘付けになった。声が、軽やかに弾んで聞こえる。
「それは光栄でございます。お嬢様の不測の事態にも、いつでもご対応できますよう、お嬢様がお好みそうなハンカチを、いつも持ち歩いているのです。」
 茉莉花は顔を上げると、礼諒に思わず笑みを見せた。
「ありがとう。さすが、礼諒さんね。ハンカチの内容まで、わたしのことを考えてくださっているなんて……。」
「いえ、そんな、執事見習いとして、当然のことですよ。」
 礼諒は恥ずかしそうに、両手を顔の下あたりで軽く振った。
「とにかく、助かったわ。礼諒さんがいてくれて、本当によかったわ。」
 茉莉花は軽く頭を下げると、礼諒から借りたハンカチをポケットに入れ、化粧室へと向かった。
(おわり)

web拍手ありがとうございました!

2017年9月4日

「一生、お仕えします」の、キャラ紹介のページに、紹介文のみですが、主役3人以外の紹介も載せました。いずれイラストも描きたいです。でも、おじさんとかおばさんとか、要は大人キャラを描くのが難しい…。いつも、少女とか少年ばかり描いているのもあるし、かわいらしい絵柄が本当に好きなので、あまり大人キャラの「らしさ」に興味が湧かないというのもあり(^_^; でも、かわいい絵柄でも、ちゃんと絵柄の統一感がとれていて、なおかつきちんと年代がわかる(描き分けされている)ような絵って、たくさん存在しますよね…。自分がいかに画力がないかがよくわかります(T_T) まあ私の絵は、はんこ絵なので…。
ところで、思ったのですが、小説を書いていて、キャラの外見描写で、私は顔については全然書かないなー、と思いました。まあ、顔つきについてくらいは描きますが、優しそうとか、厳しそうとか、それくらいですかね?(^_^; 他の方のだと、もちろん人それぞれですが、例えば顔のパーツの形とか、顔型とか肌の色とか、書いている場合もあったりすると思いますが…。個人的に、美醜がストーリーに関係ない話で、主観的に美醜を判断させそうな表現(?)を書くのが好きではない、ということもあり、そしてたぶん、あまり個々人の顔のパーツについて、そこまで見ていないということもあり(^_^;、そういう感じになるのかな?と思いました(x_x; だから私のマンガのキャラは、みんな顔がはんこなんですかね?(笑)
キャラの区別をさせるときに、私は髪型や身長、服装で区別させる傾向がある気がするのですが、たぶんぱっと見でわかりやすいからなんでしょうね。そして、キャラや、現実の人の区別も、その辺りでしたりしているのかも? 顔が同じでも、髪型が違えばある程度は違うキャラに見える、とも言いますし…(笑)。
とか何とか言っていないで、少しでも画力や表現力を上げるようにがんばります…。

ところで、「お仕え」、私にしてはキャラの数が多いので、人物相関図を作りたいなと思ったりもしています。でも、少し手間がかかりそうかも…。ちなみに、ネタ帳には簡単に描いてみましたが(笑)。そして、ネットで参考にと思って、人物相関図で画像検索したら、いろいろなドラマの相関図が出てきて、見ていて楽しかったです(^_^)
それから、話を考えているうちに、どんどん話が膨らむので、茉莉花ちゃんの親戚(祖父母・おじおばとか)とかも、別に本編には出てこなくても、名前とか、ちょっとしたストーリーみたいなのを考えたいなとか、いろいろと楽しいです♪ しかし、名前は考えるのに本当に悩みます…。まあ名字は、某所(笑)からとっていたりもするのですが(笑)。一部の人の名字の、由来がわかった方はコメントください(笑)。といっても、今は調べにくいかもしれません。
普段は、キャラがそんなにたくさん出てこない話を描くので、キャラがたくさん出ている話を描けて、しかもちゃんとどのキャラも(読者である自分が)覚えられる、そんな作者さんはすごいと思っていますが、自分もそこそこキャラが多い話を書いているのが、なんだか不思議です(笑)。

ところで「気になるゆりちゃん」7話ですが、もう一度ネームを読み直したら、やっぱりこれじゃだめだ…となってしまい、描き直す予定です(T_T) なんか、キャラの行動の動機?とかが、違うほうがいいかな…と思いまして…。
うーん…なかなかできないのはつらいですね…。6話があれなので、よけいに…。

2017年9月3日

9月になったら急に涼しくなった感じです。正確には、8月31に急に涼しくなったな、と思いました。9月に入っても、しばらくは暑いというイメージがあるのに…!
そして、涼しくなったと思うと、すぐに(?)風邪を引きました(x_x; 今は、治りかけかな…という感じです。ときどき、少し頭が痛くなったりしています(T_T) あと、のどが痛い…。寝る時とか、ちゃんと布団を着るようにしているんですけどね…。かといって、日中は少し暑かったりもしますね(^_^;
ところで、冬から春の変わり目とか、夏から秋の変わり目って、ある種の感情(?)が必ず呼び起こされる気がするのですが、なぜなのでしょう? ちなみに冬から春は、どこかわくわくするような気持ちと、なんだか憂うつな気持ちとが混ざっているような感じです。夏から秋、つまり今の時季は、夏が終わってしまったんだな…という、しんみりというか、切ないというか、やっぱり憂うつというか、そういう感じです。春から夏とか、秋から冬というのは、季節の雰囲気が多少似ているからなのか(?)、あまりそういう感情は、今のところ思い浮かばないのですが。
というわけで、夏が終わってしまって憂うつではありますが、前向きに、秋を楽しめたらいいなあ、と思います。お菓子作ったりとかしたい…!(笑)

1日に「一生、お仕えします」11話を更新しました。
というわけで(?)、お見合いの話です。この前も書きましたが、11話を書くために、お見合いのことをあれこれ検索しました(笑)。知りたいことを検索しながら書けるというのは、とても便利ですね(^_^)
で、見ている中で、結婚するという意思を?かどうか忘れましたが、お見合いしてから3か月で決めるとか、そう書いてあるサイトがあって、早っ!と思いました(゜o゜; いや、その相手と結婚するかどうかなんて、3か月じゃ決められませんよ…。単純計算で、この話(「お仕え」のこと)を書き始めたころにお見合いした相手と、もう結婚することが決まった、まだ小説は完結していないのに!ってなるじゃないですか!(笑)3か月って、あっという間すぎですし。他に、その相手とお見合いして半年くらいで決まった、というのも見ましたが、やっぱり早いなあ、と思いました。私だったら3年くらい必要な気がします(笑)。まあ、お見合いする場合は、結婚したいという思いがあるので、決めるのも早いのでしょうね。
それから、茉莉花ちゃんのお見合い相手である拓真(たくま)くんが、大学生であるということで、11話の内容を書くのに、大学とか学部とかについても検索しました(笑)。自分の学部以外は、具体的にどんな勉強をするのかは知らないですからね(>_<)
そして自分が卒業した大学のサイトも見たのですが、結構いろいろ変わっていて、驚きました。まあ、卒業したのがもうかなり前なので、変わっていても当然なのですが…。時代に合わせて変わっていかなければいけないですからね。結構、改革とかしている学校みたいなので。ただ、案内を見て、今自分がもし高校生だとして、この大学を候補に選ぶだろうか?と考えてしまい、少し切なくなりました…。でも、今通っていらっしゃる学生さんが、楽しく充実した日々を送っているのなら、それが一番だと思います。
話がそれてしまいましたが…。12話、大ざっぱにしか考えていないので、また更新するのに時間がかかるかも…。すみません。

そして「気になるゆりちゃん」についてですが、全然ネームが進んでいません(^_^; すみません。
そもそもこの話、1話からなかなかネームがまとまらなかったし、もうそういう運命なのかも…みたいなことも思っています(笑)。あまりちゃんと、全体の流れを作り込んでいないし…。といっても、これは他の話もそうですが。描いてみないとわからないんですよね。
ただ、少なくとも、支離滅裂でもいいからちゃんと完結させたい、と思っています。ということをずっと言っていますが、結局ネームができないとどうにもならないんですよね(i_i) 最近、あまりやる気もないし…。今年中に完結させられればいいのですが、厳しいです(^_^; いつもこんな感じですみません。

web拍手ありがとうございました!

過去ログ

過去ログは1年分ほど保存しておきます。

2017年8月2017年7月2017年6月2017年5月2017年4月2017年3月2017年2月2017年1月2016年12月2016年11月2016年10月2016年9月