星くずシフォン〜オリジナル創作サイト

web日記

どうでもいいことばかり書いている日記(?)です。
サイトのことや、マンガ制作・画材話・どうでもいいらくがきの掲載・オタクなあれこれ(笑)などを主に書きます。その他、手芸・CHAGE and ASKAについてなどもたまに…。
このコーナーに書いてあることへのコメントも歓迎です!
web拍手のコメントのお返事もこのページにあります。お返事はweb拍手レス用記事を作っています。

2018年12月10日

前回このコーナーに、暖かくて助かる、と書きましたが、急に寒くなりましたね…(゜o゜; 私の部屋、数日?前は20℃超えた時もあったのに、今は10℃とか8℃とかになったりしているんですけど(笑)。寒すぎて、もう笑うしかありません。
そして、急に寒くなって体がついていかないのか、こたつに入ってもなかなか温まらない、手足がずっと冷たい、とかそんな感じになっています(T_T) 今は、そんなに寒くない部屋で、結構長いことこたつに入ったりしているので、大丈夫ですが…。
寒いせいでやる気がなかなか出ません…。寒いと体調悪くなりますよね(i_i) いろいろ描きたいものあるのに、寒すぎてそれどころではないし、かといって温まったりすると眠くなって結局できなかったりするし(^_^; まあ、それ(眠くなる)は頭を使うというのもありますが…。
エアコンつければいいのですが、どうしても、(部屋にいない時でも)つけっぱなしにする、というのが苦手なので、なかなかつけない…(^_^; そして、こたつで絵を描くのは、姿勢や照明などの関係でやりにくいし、そもそも部屋が寒すぎると、こたつに入ってもなかなか暖かくならない…!

というわけで(?)、クリスマスのイラストを描きたいと思いつつ、進まないです(T_T) でも、ネタ出しはちょっとしてみました。茉莉花ちゃんと礼諒(なりあき)くんで、ラブラブ幸せ〜な雰囲気のを描きたいなと思っているのですが、本編で気持ちを抑え気味だからなのか、なんかいまいちラブラブっぽい感じにならないんですよね…(^_^; それこそ、ひそかに思い合っている、みたいな感じで、一応、恋愛のドキドキ感みたいなのは、あるはあるんですが…。まあ、ラブラブなのを描きたいなら、ゆりちゃんと丈志くんのほうが合っているのかもしれませんね(笑)。
そして、最近は、ピンクや水色、淡い緑色(?)のような、パステルカラーのかわいいクリスマスツリーや、クリスマスカードがいろいろあるので、そういう色合いで描きたい、と思っているのですが、それもどうなるかわからないです…。結局、赤とか緑が多くなったりして(笑)。
とまあこんな感じですが、別にラブラブな雰囲気じゃなくてもいいから、もう思いついたのを描こうかな…。

そして、読み切り用のストーリーを思いついたのですが、どうまとめるか悩み中です。一番は、なんかお説教っぽくなりそうなのが気になるなあ…と(x_x; マンガなので、読んで楽しいことが大切だと思うし、お説教っぽくしたくないんですよね。ただ、内容が内容なので、微妙なところなのですが。そもそも、私のとある願望(?)から思いついて、それとは別のメインテーマを作ったので、ちょっと無理やりっぽくなってしまっているところがあるのかもしれません。…って、いつものごとく、私にしかわからない話ですみません。

というわけで(?)、寒さに負けず、がんばっていきたいです。しかしもう12月も10日なんですね。早すぎ!
ここを読んでくださっている方も、防寒などしっかりなさって、暖かくしてお過ごしくださいね。

web拍手ありがとうございました!

2018年12月6日

12月だというのに、暖かいですね。助かりますが、寒くなった時のことを考えると、震えてきます(笑)。
いろいろと描きたいものがあるのですが、なんだかんだで用事があって、なかなか描けない…絵のアイデアとかもなかなか浮かばないし(T_T) でも、クリスマスイラストを、1枚は描きたいです。ピンクや水色など、パステルカラーのかわいい色合いの絵を描きたいのです♪

3日に、小説コーナーに「きつねの銀治と千草姫」を公開しました。
この前のこのコーナーやあとがきにも書きましたが、いろいろとカオスな内容になってしまいましたが(笑)、少しでもお楽しみいただけたら幸いです。
少し、ネタバレ的な内容を書くので、先に別の話をします。

今回、「忍者とお姫様の恋」の話を書きたい、ということから始まったわけですが、その関係で(?)、書いた後くらいに、現代ものの忍者ラブコメマンガ「KAGETORA」(瀬上あきら先生)を読み返しました。ときどき読み返しますが、今回は結構たくさん(?)読みました。そして、めっちゃくちゃ萌えました! いやもう本当に最高!という感じで、萌え転がっていました…(笑)。
サイト案内のページのプロフィールの「好きなマンガ」のところにも、「KAGETORA」は載せていますが…。このマンガは、それこそ「忍者とお姫様の恋」を読みたくて探している時に、ネットで検索して出合ったのです。
主人公の忍者・影虎(かげとら)がとにかく強いしかっこいいんです! 恋愛的には、一途な感じで、お色気的(笑)なできごとにドキドキしたり、記憶を反芻したり(笑)するところが魅力ですね♪
相手役(ヒロイン)の由姫(ゆき)ちゃんは、影虎が仕える「姫」なのですが、古武術道場の娘なのにすごい運動音痴で、影虎は由姫の武術指南をすることに…な感じです。かわいいしひたむきなキャラです(^_^)
恋愛的には、両片思い?な感じで、ハッピーエンドです。
…と、説明苦手なので、実際の作品をお読みいただくのが手っ取り早いと思います。全11巻で、電子書籍が出ているようなので、よろしければ…。あと、マンガ図書館Zにもあるようなので、広告つきでも大丈夫な場合は、無料で読むこともできるみたいですよ(^_^)
瀬上あきら先生の絵柄、すごく好きです。特に横顔が好きだったりするんですが(笑)。今回読み返した時は、絵的にも話的にもすっごく萌えました…! こんなに好みの作品に出合えるなんて、幸せですよね♪
ああ…なんか自分が萌える話ばかりして、ちっとも内容紹介できてない(i_i) 読んだマンガの感想とか、書きたいなーとたまに思うのですが、読書感想文とかも苦手だったし、なかなか難しいものです(x_x)

そしてついで(?)にもう一つ、すごく好きなマンガを紹介します。いや実は、ずっと前から紹介したかったんですが(笑)。
久世みずき先生が描かれた、「夏色少年。」というマンガです。ちゃおコミックスの「夏恋スローライン」に収録されている読み切りです。2013年発売で、電子書籍は出ていないようですが、Amazonには紙の本の在庫があるようなので、紙本が買えるかも…。
絵を描く主人公(少女)の話です。中学生か高校生くらい、明記されていないのでちょっとわかりません。夏休み明けに絵のコンクールに出す絵を描くのですが、父親が有名な画家なので、期待されています。
そしてその夏休み、近所の公園に絵を描きに行って、一人の少年と出会います。少年は、おじいさんのアイス売りを「手伝わされて」いて、毎日公園にきています。ちょっとしたきっかけで、主人公と少年の交流が始まります。描いているうちに、何が描きたいのかわからなくなる主人公ですが、少年と交流していくうちに…。という感じです。
ラストが素敵すぎて、何度も読み返しています。ここを読んでくださっている方にも、ぜひ読んでほしいマンガです。
…というわけで、がんばってあらすじを書いてみました。表題作だと、販売サイトなどにあらすじが載っているし、試し読みもできますが、同時収録の読み切りだとそういうわけにもいかないですからね(x_x) すごく素敵な作品なので、少しでも魅力が伝わって、読んでくださる方がいればいいな…と思いました。少しでも伝わっていれば幸いです。



そして、「銀治」について、ネタバレ含みつつ、書きます。(ついでに、「笛の音(ね)」のネタバレも少しだけあります)
矢で射られまくっている(^_^;銀治ですが、矢を「射った」なのか「射た」なのか、よくわからない…。ちなみに今、「射た」なら変換候補に出てきました。今回、本編はMacで書いた(打った)のですが(今これを打っているのはWindows)、日本語入力システムがどうなっているのか今ちょっと把握できていない感じで(^_^; で、Macの変換がいまいち&私の日本語能力のせい(笑)で、「射った」なのか「射た」なのか結局よくわからないのです…。日本語難しい…。
あと、千草姫が「家来」と言うセリフがあるのですが、なんか「家来」だとぞんざいな響きに聞こえて、千草姫のイメージに合わないんですよね…。で、「家臣」だとなんかちょっと違う気がするし、「臣下」だと千草姫は帝とかじゃないと成立しないし、「使用人」というのもなんか違うし、「側近」はそうだけどちょっと趣旨が違うし、そんなわけで新明解国語辞典(少し昔の)を引いた結果で「家来」にしたわけなのですが、そもそも家来も合っているのか?な感じです。本当、日本語って難しいですね(笑)。

あとがきに、「時代がごちゃまぜ」と書きましたが、武士(?)が歌合(うたあわせ)とかするのか? というか平安時代かっ! とか、自分で突っ込みながら書いていました(笑)。まあ、和歌を詠むとか、歌合とかは作者の趣味なので(笑)。自分では、和歌を詠めませんが(i_i)
これでおわかりのように、私は歴史が苦手です…ついでに地理も苦手です。最近、歴史勉強しようかな、と思うようなできごとがよくあるのですが、どうやって勉強したらいいかわからない…。難しいと、頭に入ってこないし(笑)。
あと、古典とか、名作とかを読みたいなーと思っています。古文を読むスキルはないので、易しい現代語訳で…(笑)。いつの時代も変わらないことだったり、逆に時代によって変わる社会の様子だったりと、そういうのをいろいろと読んで、人間、ヒトの本質について考えてみたいんですよ(笑)。

ところで、忍者をきつねにしたのは、「笛の音」で鳥が人になったりしてたので、それに引っ張られただけだと思います(笑)。ですが、前にも書いたように、人外と人間の恋愛、的な内容は、たまに考えます。それにしても、きつねにした意味が結局よくわからないですね(笑)。かといって、最初から完全に人間、というのも、この話の場合、どう書けばいいのかわかりません(笑)。

web拍手ありがとうございました!

2018年12月2日

もう12月ですね…。早い!(゜o゜;;
11月中にクローゼットの大掃除をやっておこうかと思ったのですが、結局できませんでした(笑)。でも、早めにやっておきたいです。

そして、この前このコーナーに書いた、昔話風の物語ですが、ひとまず最後まで書きました。思ったより文字数多くなりました…19000字以上になってしまった…なかなか終わらなくて大変だったよ…。5000字くらいでよかったのに…。
で、今まだ推敲の途中なのですが、いまいち頭が回らなかったりして、もう少しだけかかりそうな感じです。本当はもう、更新していたつもりだったのですが、用事などもいろいろ入りまして、思うように書けなかったり。日々のいろいろなことをこなしながら、創作もちゃんとやっていけるようにしたいなーと、よく思います。どうしても、作っている最中、特にどんどん進めたい!というテンションの時は、ちょっとしたことがよりストレスになりがちなので(^_^;

ちなみにやたら量が増えたのは、男女恋愛要素があるので、テンション上がったからな気がします(笑)。しかし、書きながら萌えるのはいいですが(そもそもそうしないと書けないですし)、書き終わって冷静になったりすると、恥ずかしいのは何なんだ…と思います。酔っぱらっている時と、しらふの時の違い、みたいな感じですかね? いや私はお酒飲まないので、酔っぱらったらどうなるかとかはよくわかりませんが、イメージ的に…。人間のそういう能力ってすごいですよね。ちなみに最近、人間の本質とかについて、いろいろ考えたりします。

と、相変わらず話が脱線するわ、支離滅裂だわで、あれですが…。
例の昔話風物語、たぶんもうすぐ更新すると思うので、またよろしくお願いします。

web拍手ありがとうございました! たくさんの拍手嬉しいです!

過去ログ

過去ログは1年分ほど保存しておきます。

2018年11月2018年10月2018年9月2018年8月2018年7月2018年6月2018年5月2018年4月2018年3月2018年2月2018年1月2017年12月